堀江 恵太

  (次兄・ヴァイオリン)

1992年生まれ。大阪府立北野高校123期卒。第1回吹田ティーンズクラシックフェスティバルで貴志康一賞。第6回横浜国際音楽コンクール大学生弦楽器部門第1位。第19回高槻音楽コンクール一般の部第1位併せて高槻市長賞。グルジア国立トビリシ音楽大学オーケストラとブラームスの協奏曲、日本センチュリー交響楽団とメンデルスゾーンの協奏曲を共演。京都市立芸術大学音楽学部弦楽専攻を首席で卒業。ウィーン国立音楽大学修士課程を最優秀の成績で修了。 2013、14年度公益財団法人青山財団奨学生。 これまでにヴァイオリンを北淳子、松田淳一、ギオルギ・バブアゼ、レオニード・ソロコフ、ライナー・キュッヒルの各氏に、室内楽をヨハネス・マイッスル、アヴォ・クユムジャンの各氏に師事。群馬交響楽団にゲストコンサートマスターとして出演した他、 プロアルテ管弦楽団やシンフォニア・アルシスOSAKAのコンサートマスターも務めている。兄妹ピアノ三重奏「堀江トリオ」や「吹田弦楽四重奏団」、「ケイタ・リング・アンサンブル」など、大好きな室内楽に情熱を燃やしている。2020年度はアーツサポート関西から助成金を得ている。

Facebook: https://www.facebook.com/keita.horie

© 2023 by Classical Musician.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • w-facebook
  • w-youtube
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now